外資系企業でも必要な上司や部下に対する仕事支援や私的交際

外資系企業でも必要な上司や部下に対する仕事支援や私的交際

私が海外に赴任し、外国人スタッフと共に仕事をした経験から、外資系企業と日本企業の決定的な違いは、日本では「全体」が尊重され優先されますが、外資系企業では「個」が尊重されると受け止めています。

 

それは住所の表記と同じで日本は県→市→町→個人の住所という順ですが、海外では全く逆で最初に個人の住所が表記されます。

 

 

外資系企業で働く際はドライな姿勢でという考え方は間違いである場合も多い

ドライ一徹ではデメリットとなる場合が多い

ドライ一徹ではデメリット
となる場合が多い

では外資系企業で働く際、会社全体の発展や成長を優先的に考えた働き方をするのではなく、あくまでも個人のメリットを優先に考えた取り組み方をすべきか、と言うと、答えはYesであり、しかし同時にNoです。

 

外資系企業には基本的に日本人的な感覚の義理人情は殆どありません、しかし皆無でも無いのが現状です。

 

上司は有能な部下を可愛がりますし、会社としても優遇をしてくれます。

 

上司のために、そして会社のために働く姿勢や努力も評価はします、しかし日本企業に比べて個人に対する評価は個人の実績がウェイトが高いという事です。

 

中には外資系企業で働く際、上司のメリットとなるような仕事をしても無意味である、ドライな人間関係で良いと考える中高年の方もみえますが、それは誤りです。

 

過干渉は良くありませんが、仲間としての相互の支援は外資系企業であっても必要です。

 

人間関係で個々に適切な対応が取れるセンスが必要

例えば外国での離婚率は日本に比べ高いのは常識ですが、北欧などでは結婚という事自体、日本とは全く違う考え方をする国もあり、そのようなデリケートな事柄に関して外国人に対して無神経に接するのは禁物です。

 

しかし同時に家庭円満の場合、外国人でも子供自慢は職場で行いますし、日本と同じ感覚で家族ぐるみでの交際も人間関係の構築で有効です。

 

ケースバイケースではありますが、感覚的には日本企業に於ける上司と仲間の中間のような感覚で上司に接すると良いと思います。

 

外資系企業での上司や部下の人間関係はドライで良い、個人主義に徹して自分の成績だけを考えて仕事に取り組めば良いと考えてみえる中高年の方は、その考えが正しく無い場合が多い事、そして日本と同じように、あるレベルまでの仕事での支援、協力、公私に渡るお付き合いにも自分は対応できるかどうか確認をしておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク