外資系企業への転職で確認し注意すべき事

外資系ならではの転職時の注意点は入社後にも役立つ知識

外資系企業への転職で確認し注意すべき事

中高年の年齢層となるまでに全く外資系企業や外資との合弁企業と接触をした経験がない、取引をした経験がないという方は、特に年齢が高い方で意外と多いようです。さらには中高年となるまで、外国人を相手に仕事をした、共に仕事をした経験も全くないという方も少なくないようです。

 

繰り返しお伝えしますが、外資系での、また外国人とのビジネスに関与しない日本人が未だに多いからこそ、中高年の転職先、再就職先としてチャンスが大きいと言えるのですが、殆ど知識も経験もない方に、2社の外資系企業への転職経験を持つ私が、外資系ならではの転職時の注意点を経験談としてご紹介します。その注意点は転職した入社後にも役に立つ知識となります。

外資系企業への転職で確認し注意すべき事 記事一覧

外国人のミーティング風景
外資系企業の個人の自由度の高さに対し自己責任を負う覚悟

当サイト管理人は、海外滞在中に赴任先にて提携していた総合商社のメンバーとして、商社の現地オフィースに勤務した経験があります。外資系企業と言っても、企業の発祥がもともと外国で日本に進出し日本支社を設ける企業と、もともとは日本企業であった会社に外国企業の資本が入り外資系企業となるタイプの2つがあります。後者の、もともとは日本企業であった場合、社内に日本のビジネス習慣が残っているケースもありますが、基本...

続きを読む
陽気な外国人ビジネスマン達
外資系企業でも必要な上司や部下に対する仕事支援や私的交際

私が海外に赴任し、外国人スタッフと共に仕事をした経験から、外資系企業と日本企業の決定的な違いは、日本では「全体」が尊重され優先されますが、外資系企業では「個」が尊重されると受け止めています。それは住所の表記と同じで日本は県→市→町→個人の住所という順ですが、海外では全く逆で最初に個人の住所が表記されます。外資系企業で働く際はドライな姿勢でという考え方は間違いである場合も多いドライ一徹ではデメリット...

続きを読む
外国人の会社オーナー
外資系企業のトップはCEOでも社長でもなく会社オーナーの場合も

前ページでお伝えした外資系企業での上司との距離感にも関連しますが、日本企業の場合、上司から高く評価される事は会社から、そして社長からの評価に繋がり、昇給や出世が望めます。しかし外資系企業の場合、会社を経営するトップの社長やCEOとは別に、会社のオーナーが存在する事も珍しくありません。中高年の方で、純日本式の会社の成り立ちしか知らない方、ワンマン経営会社での勤務経験しか持たない人は注意をして下さい。...

続きを読む
外国人会社オーナー
会社オーナー交代に伴う経営方針や事業計画変更に対応する柔軟性

前ページで外資系企業の場合、企業のトップが会社オーナーである場合が珍しくない事をお伝えしましたが、私の知人が勤務していた北米の外資系企業で会社オーナーが企業を売却、オーナーが変わり、それに伴い経営方針が大転換した事例があります。新しい会社オーナーが、北米に於けるマイノリティーであったためです。会社オーナー交代による経営方針の変更オーナー交代に依る経営方針や事業計画の変更ご存じのように北米では、様々...

続きを読む
英文のビジネス書類
外資系企業の年俸には福利厚生費も退職金も含まれている

中高年で既に月給制ではなく年俸制で給与を支給されてみえる方もみえると思います。外資系企業での給与は大多数が年俸制でボーナスも年俸に含まれるケースが大多数ですが、かつては日本企業であった会社で外資が入り外資系となった会社では月給制を残している場合もありますので、転職活動で候補を決める際に確認をしておきましょう。年俸制とインセンティブ報奨金外資系企業の年収と社会保険と退職金年俸制となる場合は、ボーナス...

続きを読む
契約書
待遇や条件を明記した確認書を外資系企業の面接に持参しサインを貰う

前ページで年俸やインセンティブ報奨金などの給与面、また福利厚生と退職金の確認に注意する事をお伝えしましたが、転職活動で面接などで確認した待遇等は書面にしておく事をお勧めします。出来れば仲介の転職エージェントに依頼し面接で確認された条件等を議事録にし、外資系企業側と本人の両方に渡し、サインを両方から取り付けて保存する事をお勧めします。海外へ赴任する前に書面での待遇の確認を入社後の待遇や条件のサイン入...

続きを読む
資料を読む外国人ビジネスマン達
上司が外国人となる場合は報告・連絡・相談の全ては文面で

外資系企業への転職活動で、特に外国人を上司にした経験の無い中高年の方は、入社後の自分の直属の上司が外国人なのか日本人なのかを確認しておくと良いでしょう。海外赴任とならず日本国内勤務であっても、外国人マネージャーが上司となる場合もあります。中高年で日本式のビジネスマナーしか知らない方、海外ビジネス初心者の方が上司に外国人を持つと戸惑う場合があります。2人の上司から違う業務命令が自分の身を守るためにも...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク