中高年の転職・再就職 - 外資系企業で確認し注意すべき事

外資系企業への転職で確認し注意すべき事

外資系企業は外国企業という認識が必要です。仕事の自由度と責任、適切な距離感での人間関係など勤務するうえで認識しておくべき事、また年俸や待遇の確認書などの外資系企業ならではの転職活動での注意点などを紹介します。

外資系ならではの転職時の注意点は入社後にも役立つ知識

外資系企業への転職で確認し注意すべき事

中高年の年齢層となるまでに全く外資系企業や外資との合弁企業と接触をした経験がない、取引をした経験がないという方は、特に年齢が高い方で意外と多いようです。さらには中高年となるまで、外国人を相手に仕事をした、共に仕事をした経験も全くないという方も少なくないようです。

 

繰り返しお伝えしますが、外資系での、また外国人とのビジネスに関与しない日本人が未だに多いからこそ、中高年の転職先、再就職先としてチャンスが大きいと言えるのですが、殆ど知識も経験もない方に、2社の外資系企業への転職経験を持つ私が、外資系ならではの転職時の注意点を経験談としてご紹介します。その注意点は転職した入社後にも役に立つ知識となります。

外資系企業の個人の自由度の高さに対し自己責任を負う覚悟


外国人のミーティング風景

外資系企業が日本企業と違い終身雇用、年功序列が無く実力主義である事は有名ですが、オフィースの雰囲気、勤務態度の面で非常に自由度が高い事も特徴です。自分は、自由に対し責任を負う仕事の進め方を受け入れられるか確認をしましょう。
 

続きを読む

 

外資系企業でも必要な上司や部下に対する仕事支援や私的交際


陽気な外国人ビジネスマン達

外資系企業は外国の企業なので人間関係はドライで良いと考える方がみえますが決してそうではありません。上司や部下との公私のけじめなど適切な人間関係は必要であり、ケースバイケースで適切な対応が出来るセンスが必要です。
 

続きを読む

 

外資系企業のトップはCEOでも社長でもなく会社オーナーの場合も


外国人の会社オーナー

日本企業と違い外資系企業ではトップが会社オーナーである場合が珍しくありません。オーナーに雇われたCEOや社長の多くは自らの雇用契約期間内での業績アップを目指します。外資系企業に転職する際、経営方針を確認する必要があります。
 

続きを読む

 

会社オーナー交代に伴う経営方針や事業計画変更に対応する柔軟性


外国人会社オーナー

外資系企業では会社トップがオーナーであるケースがあり、そのオーナーが会社を売却し新しくオーナーに交代する事もあります。オーナー交代に伴う経営方針や事業計画変更に対応出来る柔軟性が自分に備わっているか確認をする事も大切です。
 

続きを読む

 

外資系企業の年俸には福利厚生費も退職金も含まれている


英文のビジネス書類

外資系企業での給与は年俸制のケースが多く、一般的に日本企業と比べ高額な年収が魅力ですが、企業が日本登記された法人で社会保険の福利厚生が適応されるか、退職金制度は有るかを確認し、それらを加味して年収をチェックすべきです。
 

続きを読む

 

待遇や条件を明記した確認書を面接に持参しサインを貰う


契約書

海外ビジネスでは常に書類での確認が基本、エビデンスを残す習慣が大切ですが転職活動に於いて外資系企業が提示する待遇や条件なども互いのサイン入りの書類を取り交わす事で入社後に齟齬やトラブルが発生しないようにする事も大切です。
 

続きを読む

 

上司が外国人となる場合は報告・連絡・相談の全ては文面で


資料を読む外国人ビジネスマン達

外資系企業への転職を検討される方で外国人と共に仕事をした経験の無い方は、転職先での上司が外国人なのか日本人なのかを確認しておく事をお勧めします。外国人との仕事のコミュニケーションは基本的に全て文面で行うべきです。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead