有益な中国語やベトナム語を習得し中高年のグローバル企業転職を有利に

各国で使える中国語とベトナム語は中高年の有利な転職や再就職に最適

グローバル企業に限らず就職、転職の際には、採用する企業側にとってメリットが高い人材であるかどうかが決め手となるのは当然の事です。

 

特にグローバル企業など海外の場で活躍している企業は、身につけてきたスキルの内容と種類がモノを言うといっても過言ではありません。

 

外資系企業や総合商社のようにグローバルに活躍する企業にとって、現地の語学力は非常に有効なスキルです。

 

 

中国語を武器に転職を有利に

需要の高い中国語

需要の高い中国語

ご存知のように中国は日本にとって、ビジネスの上で欠かすことができない国です。

 

近年、政治的な関係で微妙な面はありますが、日本企業も盛んに中国進出をし中国に子会社や支社があるといった企業は多く見られます。

 

その圧倒的な市場の大きさから、国際的に重要なマーケットである事に間違いはありません。

 

世界の工場と異名を取った中国ですが、近年は経済発展により特に都市部で人件費が高騰しているため、製造に関してはベトナムやタイなど他国への移転が増えつつありますが、市場規模の巨大さの面では、今後も日本と中国との関係は切っても切れない関係であり続けます。

 

そうした背景からグローバル企業の海外担当部署でも、英語の他に中国語を学ぶ日本人も多く見られます。

 

中国での交渉にあたり、中国語は必須ではありません。何故なら、相手の中国人も英語を話すからです。中国もグローバルに活躍している国家であり、ビジネス上でも英語能力が大事なポジションを占めています。

 

グローバル企業に転職したい人で英語にプラスをして中国語ができる中高年は、転職で有利となることは事実です。

 

また実際の中高年向き求人でも、「中国語堪能者」とか「中国人とのビジネス経験を有する人材」を求める募集も多くなっています。

 

中国以外の国での中国人とのビジネス

すでに英語をマスターしていて、さらにグローバル企業に転職を希望されている中高年の方が中国語を学ぶ事は、非常にお勧めとなります。

 

中国はエリアが大変広く、上海や北京や広州、更には香港など活躍の場は多数ありますし、また中国への海外赴任は希望していない、他の国の担当、または駐在を希望する人でも、中国語をマスターしている事は非常に有利です。

 

中国人は世界の至る地域、各国にビジネス展開をしており、中国国外で「華僑」として拠点を構えているケースが多いからです。

 

海外のビジネスで、必ずといっていいほど出くわすのが中国人でもあります。

 

中国以外の国でのビジネスで、中国人と一緒に行うビジネスは非常に多くあります。

 

ビジネスの現場で、そこに中国語が分かる日本人が居るという事は非常に大きなメリットとなります。

 

中高年でグローバル企業への転職や再就職を検討する際、英語にプラスし中国語を学ぶ事を検討すれば必ず採用の可能性は高くなります。

 

ベトナム語もニーズの高い外国語でグローバル企業への転職にお勧め

ベトナム語もニーズが高い

ベトナム語もニーズが高い

東南アジアで注目を集めているベトナムは、日系企業が盛んに進出している拠点です。

 

ベトナム語も今後ニーズが高まる言語で、転職を考える中高年の方にお勧めです。日系企業の進出先では現地語が優位になることは間違いありません。

 

他のアジア諸国の人件費の高騰に比べ、以前とコストメリットを有しているのがベトナムで、加えて労働力の質の高さと安定性、日本との良好な国交関係もメリットとなっています。

 

この動きは今後も続くと見られていて、グローバル企業に関しても同様にベトナムでのビジネス展開は続くとされています。

 

私はベトナム語は、ある意味でダークホース、つまりベトナム語の習得がグローバル企業への転職活動で非常に有利となる事に気が付く人が少ない中高年向きの人材の穴場であると考えています。

 

高まるベトナム語の価値

ベトナムに進出している企業、そして今後進出を検討している日本企業など、いろいろな企業があることでしょう。

 

他のアジア諸国に進出した企業で、カントリーリスク分散で移動するケースも少なくありません。

 

私が転職した企業の取引先日本企業でも、かなりの移転企業があります。

 

ベトナム語が堪能な中高年人材なら現地でかなり重宝されること間違いなしです。

 

英語はもちろん、プラスでベトナム語についても出来るとなれば、ベトナムに会社を企業と取引のあるグローバル企業は、必ずその人材を採用したいと考えます。

 

現地の語学力は転職に非常に有効

英語にプラスして、もう1つ外国語を身に付ける事、その外国語として前ページでご紹介したスペイン語、そして中国語、ベトナム語などの現地語をマスターしたことで、さらに中高年の転職にプラスになるケースは間違い無くあります。

 

グローバル企業への転職を長期で検討する中高年ならば、思い切って現地で現地語を学ぶのも良いですし、ひとまず興味がある国の言葉に手をつける、さらには定年後のチャレンジとするのもお勧めです。

 

日系企業の進出が多いこと、また現地語が1番コミュニケーションを取りやすいことから、今後日系企業の進出先では現地語が優位になること間違いなしです。

 

どうか「英語+他の外国語」を習得する事を前向きに検討してみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク