中高年がグローバル企業で評価される信頼性と良好な人間関係を築く能力

グローバル企業内でも現地の日本人からも外国人からも信頼される中高年

海外に進出する日本企業が増えていますが、しかし言語の壁もあって、多くの海外拠点では人員が不足しているケースが多く、前ページでお伝えしたように、海外駐在員は本来以外の仕事も現地で取り組む姿勢が大切です。

 

その際、何よりも社内で信頼されている事が重要な要素となり、特に年かさの中高年の場合は周囲からの信頼度が非常に大きなポイントとなります。

 

業務を進める中で、自分の判断能力を超えた事態に対しては、タイミングを誤る事なく適切に支援や援助を求める判断能力も問われます。

 

 

どんな業務にも取り組む姿勢と信頼性

任せられる信頼度と支援を要請する能力

任せられる信頼度と
支援を要請する能力

前ページでお伝えしたように、人材が豊富な日本社内であれば、他の人、または部下に依頼出来た業務も、自分一人でこなす必要があるケースが海外赴任の業務では多々あります。

 

会社、また上司としても本来の業務では無い事を承知をしての事態ですが、それでも尚、「任せられる」という信頼を得るという事は非常に大きな評価につながります。

 

海外で事業を展開する会社で高く評価されるには、先ずどんな業務にも取り組む、そして任せられると上からも下からも信頼される人材となる事を目指すのが重要です。

 

特に海外で現地で採用された外国人スタッフの場合、自分の業務以外の仕事には手を出さない、任せられたテリトリーを厳密に守るスタッフも多くいるので、日本人特有のキャリアを持つ中高年らしい垣根を超えた姿勢、そして信頼性は重宝されます。

 

タイミングを誤らず適切に支援を要請する能力

そしてもう1つ重要な事、社内での信頼度を上げるために重要な要素は、出来ない事を出来るとは言わず、自分の能力、判断、決断を超える事柄に関しては、タイミングを逃す事なく、依頼すべき人員を適切に選び、または報告、連絡する上司に機を逃さず相談し支援やサポートを依頼する判断能力です。

 

特にタイミングが大切で、日本国内であれば上司に相談、そして必要に応じて上司が更に自分の上司、または会社のトップに報告と、それらがタイムラグ無しで行われますが、海外拠点の場合、拠点の責任者でも判断が下せない場合は日本本社への報告が必要となります。

 

時差の関係で、そのタイムラグが致命的となるリスクを常に念頭に置いて、タイミングを逸する事なく、また最も適した人に、または部署に支援を要請する即座の判断能力が必要です。

 

適時適切に助けを求める事、これも重要で中高年人材として、また中間管理職以上のポストとして評価される能力です。

 

外国人顧客と日本人顧客の両方と良好な人間関係を築く能力

どんな仕事でも顧客と良好な人間関係を築く能力は高く評価されますが、海外で働く際は外国人と日本人の両方が顧客になるケースが多くなります。

 

海外で働く際は、顧客が現地の外国人である場合と日本人である場合があるのが、海外で事業展開する企業の海外拠点で仕事をする特徴と言えるでしょう。

 

その両方との人間関係を良くする能力も評価の対照となります。互いの距離を縮めるコツとして、

  • 外国人顧客には日本文化のスモールギフトを
  • 日本人顧客には現地生活に有益な情報交換を

それぞれ提供する事をお勧めします。

 

外国人顧客には日本文化のスモールギフトを
相手に喜ばれる事で関係構築

相手に喜ばれる事で関係構築

先ず外国人の顧客の場合、近年の海外での日本文化ブームで日本の歴史や伝統、また日本食に興味を持っている外国人が非常に多くなっています。

 

そんな外国人顧客には、ちょっとしたギフトが喜ばれます

 

高額なグッズの贈答は、むしろ警戒されてしまうので100円ショップなどで売っている日本の伝統工芸品、和風の雑貨などを名刺代わりに渡すと非常に喜ばれ、また相手に強い印象を与えます。

 

扇子、風呂敷、手ぬぐい、風鈴などが代表例ですが、和食を作る際に役立つ「巻きす」などもユニークで喜ばれます。

 

ギフトする際に、中高年らしく、そのグッズの使い方だけでなく歴史などを説明すると、より効果的です。

 

またある程度親しくなった外国人を家に招いて、和食を一緒に作るパーティーなどを催すと非常に喜ばれます。

 

日本人顧客には現地生活に有益な情報交換を

日本人顧客と良好な関係を築くには、まず現地の生活での様々な情報交換です。

 

あそこの日本食レストランが美味しいとか、あそこのスーパーには日本食の食材が豊富とか、特に日本食に関する互いの持つ情報交換をすると親近感が持てるようになります。

 

さらに互いが子持ちであれば、習い事や休日に遊びに行く所などの情報交換も必ず話に花が咲きます。

 

また奥さん向けには、あそこのケーキが美味しいとか、あのモールには高級ブランドのテナントがあるなどの情報も喜ばれます。

 

特に相手の日本人顧客が現地に赴任したての駐在初心者の頃は、そういった情報は実に有益ですので人間関係を築く最初のステップとして活用してみて下さい。

 

日本からの出張者に対し現地での完璧な世話や手配をする能力

日本本社から色々な人員が出張で海外の拠点に訪れますが、その際のアテンドも海外駐在員の立派な仕事です。

 

海外駐在員で日本からの出張者に対して完璧なアテンドが出来る能力を持つ人材は高く評価されます。

 

出張者は、それぞれの重要な役目を持って高い海外渡航費を使い出張してくるわけですから、その目的を完璧に遂行できるようなアテンド、手配、心配りが求められます。

 

海外出張の心者、渡航経験の浅い人など様々な出張者が異国の地で患いなく過ごせ、出張の目的の仕事が予定通り遂行できる世話をしましょう。

 

必ず感謝され評価され人間関係も築ける現地でのアテンド
負荷は増えるがメリットも多い現地のアテンド

負荷は増えるがメリットも
多い現地のアテンド

組織がシッカリしている企業であれば、総務が海外出張に関して必要な手続き、段取りを手配してくれますが、それでも現地でのサポートは必要です。

 

海外に出張する人の中には、外国に出張した事のない人、海外に不慣れな人、そして英語が話せない人、さらには日本食しか食べない人もいます。

 

同僚や後輩、そして直属の上司ではなくとも他部署でのマネージャーなどの現地でのサポートを完璧に行えば、必ずや社内での評価が上がり、また良好な人間関係も築けます。

 

日本からの出張者の目的、日程、個人のキャラクターなどを事前に把握し、現地で必要と思われるサポート、手配などの準備をし完璧なアテンドの役割を果たす、気配りの出来る中高年を目指しましょう。

 

添乗員となったつもりで現地での世話を

短期間の出張であれば手配、サポートする事柄もさほど多くはない場合もあるでしょうが、長期間の出張、滞在で休日を挟む場合など、プライベートな時間の過ごし方、ショッピング、さらには日本円の両替など、海外で暮らす場合と同じような世話が必要になる場合もあります。

 

滞在するホテルも短期であれば通常のホテルでも良いでしょうが、長期の場合はキッチン付きの部屋、またホテル内のランドリーなどがあるタイプが便利で、ホテルのタイプ1つでも使い分けるべきです。

 

それらの世話の分だけ自分の本来の業務に仕事がプラスされる訳ですから、通常よりも負担が増えて仕事の進捗に影響が出る事もスケジュールに見込んでおく必要があります。

 

しかし個人的な負荷は増えるものの、特に海外出張の初心者で不慣れな異国の地で心細い思いをする人には、そのアテンドは感謝され、人間関係も構築でますし、必ずプラス評価されます。

 

まるで旅行の添乗員のような役目ですが、日本からの出張者の現地の世話をシッカリと見る頼れる中高年を心掛ける事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク