中高年にふさわしい経験に基づくコミュニケーション能力を有するか

高いコミュニケーション能力を持つ中高年を高評価するグローバル企業

時代とともに企業側が人材に求めているものは異なってきますし、人材の年齢層によっても必要となる要素や能力が異なってきますが、今の時代、グローバル企業が中高年の人材に求めているものは何か、それを考える事で転職成功のヒントが見えてきます。

 

海外で事業展開をする日本企業、外資系企業、総合商社などのグローバル企業の全てに於いて、海外ビジネスではコミュニケーションが非常に重要なキーポイントとなっています。

 

海外を舞台に働く事、外国人とビジネスをする事で、色々と大切な要素、必要とされる能力は様々な意見や考えがあるとは思いますが、私の経験から、最優先されるのはコミュニケーション能力であると考えています。

 

たとえ外国語の語学力がなくとも、英語スキルがなくとも、コミュニケーション能力に秀でていれば、グローバル企業では貴重な人材として評価されます。

 

逆に言えば、いくら外国語が堪能でネイティブレベルであっても、コミュニケーション能力で劣る人はグローバル企業内では重宝されません。

 

これは、特に中高年の年齢層では顕著となっています。

 

 

語学力より大切なモノを準備

経験を積み能力を上げる

経験を積み能力を上げる

外国人とのコミュニケーションで最も大切なモノ、そう聞かれて「英語・外国語」と答える方も多いと思います。

 

もちろん外国語、特に英語は海外ビジネスでは必須で不可欠です。しかし、通訳という役割を専門にするスタッフを用意している企業は少なくありません。

 

私は、グローバル企業でより大切なモノは外国語ではなく人生経験や社会人経験で培われるコミュニケーション能力であると思います。

 

新卒の際に海外で働ける機会のある会社への就職を試みたものの採用されず、他の企業に就職をした、しかし海外への憧れが捨てられないという方、または中高年となった今、転職や再就職で海外で仕事をすることも選択肢に加えようと考える方は、先ず準備として、社会人として経験を積みコミュニケーション能力に磨きをかけることを心掛けましょう。

 

磨きをかけたコミュニケーション能力に語学力をプラスすれば、人材価値は飛躍的にアップすると私は考えています。

 

海外で事業展開をするグローバル企業への転職を検討する際の準備として、まず自分の社会人経験度のチェック、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力に活かせる社会人としての経験値を上げておく事をお勧めします。

 

会話をスムーズしコミュニケーション能力を上げる

最も重要なコミュニケーション能力

最も重要な
コミュニケーション能力

海外ビジネスで求められる社会人経験、コミュニケーション能力は、特に中高年の転職組に強く求められます。

 

それは一重に、日本人に対しても外国人に対しても、ビジネスマンとしてコミュニケーションを良好にする能力を持っている必要があるからです。

 

グローバル企業で働く人の活躍の舞台は、日本と海外の両方です。

 

海外ビジネスでは、とかく外国人だけを相手にするビジネスと考えがちですが、外資系企業を含みビジネス相手には日本人も含まれる場合が大多数です。

 

いくら英語、その他の外国語が堪能であっても、社会人経験に裏付けされた高いコミュニケーション能力がなければ、現場の最前線で即戦力として活躍は出来ません。日本人からも外国人からも、どちらからも信頼もされません。

 

逆もまた真なりで、多少、英語力がなくとも、中高年らしいキャリアに基づく社会人経験が豊富であれば、イコール、トラブル発生時の処理能力の高さなどの交渉力の高さと人材評価を受けることが少なくありません。

 

コミュニケーション能力と専門知識の深さからグローバル企業からヘッドハンティングされ、専用の通訳を付けて第一線で活躍されてみえる中高年の方は決して少なくありません。

 

転職準備として、日頃から仕事を通じて経験を積み、コミュニケーション能力を上げておくように心掛けましょう。

 

中高年の年齢にふさわしいコミュニケーション能力

自分よりも年齢が上の人、高齢の人を敬うのは日本人だけの風習や文化ではありません。日本と比べて「敬う」程度の差はあっても、世界の大多数の国や地域で年齢が上の人を敬う習慣があると言っても過言ではないでしょう。

 

その理由は、年齢が上であれば自分よりも人生経験を積んでいる、多くの事柄に対処している、その分見識も広く自分では判断できなこと、判断に迷うことも、年長者の経験から正しく判断をするという「期待」があるからです。

 

人間の歴史の中で、年長者の判断に期待し、その期待に年長者が応えてきたという実績があるから、人は年上の人を敬うのです。

 

中高年は、若年層が判断を下せない時にでも、自分よりは正しい判断、有利な判断を下してくれると周囲から期待をされているのです。

 

その期待される、中高年の年齢にふさわしいコミュニケーション能力を身に付ける事を心掛けましょう。

 

身に付けるべきパソコンスキル

パソコンスキルを身に付けていない中高年は人材評価が下がる」でもお伝えしていますが、パソコンのスキルはグローバル企業に限らず、どんな業種でも転職で最低限求められるものです。

 

パソコンはビジネスでも必須アイテムとなっており、グローバル企業内部では、退役寸前の高齢な管理職であっても、ほぼ100%の人がワードやエクセルなど、最低限のソフトは使いこなせます

 

もちろん、事務職でも必須のスキルとなっています。

 

当サイト管理人は、日本を代表する大企業から街の中小企業まで取引担当をしていましたが、大企業の管理職ほどパソコンスキルを身に付けています。

 

逆に、もっと勉強すべきと感じるのは中小企業の高齢jな経営者で、あまりパソコンを使いこなしている、使いこなす能力があるとは思えません。

 

従業員が少ない中小企業だからこそ、1人の従業員が様々な業務をこなすべき会社だからこそ、高齢だからと言い訳をせずにパソコンスキルを身に付けるべきと私は考えますが、いずれにしても、そのようなタイプは年齢に関係なくグローバル企業では使い物にならない人材とされます。

 

もちろんコミュニケーション能力よりは優先度と重要度は低いですが、しかしこのパソコンスキルも、本人の努力次第で身に付くものです。

 

そもそも本人にとって仕事をする上で便利なスキルです。

 

グローバル企業に転職し海外で働きたいと考えるならば、誰もが重要であると考える英語などの語学力以外にも

  • 社会人経験
  • コミュニケーション能力
  • パソコンスキル

が重要である事を肝に命じておくようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク