人員に限りがある海外拠点での中高年には業務に関連した仕事は何でもやる覚悟が必要

人員に限りがある海外拠点では中高年は肩書き以上の役割が求められる

日本企業の海外事業拠点は人員も組織も充実する日本本社に比べ人員に限りがあるため、海外拠点に派遣される際は本来の役割、肩書き以上の業務や役割が求められる場合があります。海外で働く中高年には、その覚悟が必要です。

海外拠点では業務に関連した仕事は何でもやる覚悟が中高年には必要

日本企業で海外に販売や生産拠点を持ち運営する会社は、大多数が本社を日本に構えています。

 

本社には企業運営に必要な全ての機能が求められますので総務、経理など様々な部署、そして人員が配置されますが、海外の拠点では本社に比べ人員が少ないのが一般的です。

 

自由度は高いが海外拠点での人間関係は密接になる

 

平社員でも課長の役割が求められる

平社員でも課長の
役割が求められる

海外で働くことも選択肢に入れる中高年の方の中には、日本国内に比べ海外では仕事をするにしても個人の行動の自由度が高いと考えてみえる方も多いと思います。

 

確かに自由度は高く、特に欧米では日本の風土と比べ、組織よりも個人が優先される考え方となっていますし、実際、責任を全うしながら自由な仕事の進め方が出来るのは海外で働く上での大きなメリットです。

 

但し雇用しているのは、あくまでも日本企業です。

 

また勤務する海外拠点は、日本の本社に比べ遥かに少ない人員で全てを賄っています

 

日本本社では、めったに会話も出来ないような役員との距離も非常に近くなります。

 

働く上での自由度は高いが、海外拠点に勤務する一人一人の関係が密接なモノとなるのが普通です。

 

海外拠点では肩書き以上の役割が求められる

 

更に、限られた人員で海外拠点を運営する事から、単に自分だけの業務を遂行するのではなく、海外事業所の貴重なメンバーとして事業所の運営に関して参加が求めらる場合が多々あります。

 

日本では単なる会社員勤務で済んだものが、肩書きはなくとも管理職や役員と同じような役割と運営参加を求められるのです。

 

語弊を恐れずに書けば、平社員であっても経営面での課長クラスの役割を果たす必要に迫られる場合があります。

 

年齢の高い中高年であれば、より一層の垣根を超えた仕事ぶりが求められます。

 

もし、そのような役割を果たす事が嫌ならば、不本意であるならば外資系企業以外への転職をお勧めしますが、この肩書き以上の役割が求められるのは、海外展開をする日本企業であれば致し方ない事で不可避と考えておいて下さい。

 

単に海外で自由に仕事をするだけでなく、中高年にふさわしい海外事業所の運営の参加も求められる、その覚悟があるかどうか、転職を検討する前に自問自答で確認をしておいて下さい。

 

海外拠点での業務に関連する仕事は何でもやる覚悟

 

日本に本社を設ける企業の海外拠点では、そこで仕事をする人員数に限りがあるため、本来の自分の業務ではない仕事でも、自分の業務範囲に限定を設けず、関連した仕事は何でも積極的に行う覚悟が必要です。

 

人材の数が限られる、人員が決して多くはないケースが多い日本企業の海外拠点では、自分の肩書きを超えた業務にも参加する覚悟が必要である事をお伝えしましたが、海外拠点が複数の事業を担当している際などは、どんな仕事もこなす覚悟も必要です。

 

私の転職4社目での経験談をお伝えします。

 

日本人同士でも協力し合えない分野の仕事

 

自分の本来の仕事以外でも進んで行う覚悟

自分の本来の仕事
以外でも進んで行う覚悟

私が4社目に転職し40代後半まで勤務したた日本企業の海外拠点は、私が海外営業で属していたセールス部門と、北米で製品の設計をし製造も依頼する業務を行う製造部門の2つの部署がありました。

 

海外拠点の目的として、北米市場での拡販、そして現地生産によるコスト削減の2つの目的を持った海外拠点であった訳です。

 

それゆえ、それぞれの部署は互いに協力をする業務も多かったのですが、互いに専門外で分からない、協力が出来ない事もありました。

 

例えば現地の人材、この場合は現地のアメリカ人を雇う際などが典型的な例です。

 

現地アメリカでアメリカ人スタッフの人材を募集し、応募したきた求職者の書類の審査は事業所の総務のアメリカ人マネージャーが行いましたが、その後の面接、更に最後の採用、不採用の決断は私が行いました。

 

初めての経験でしたが、私が面接官として適任者である事から行ったものです。

 

私の中高年としてのキャリアから、採用か不採用を決定して欲しいという会社からの要請でした。

 

自分の仕事の範囲を限定せず何でもやる覚悟を

 

この私の面接官の経験、仕事は私の本来の「営業」業務とは全く関係のない仕事で、日本本社であれば当然ながら「総務」の仕事です。

 

しかし、この人材に我社の営業は出来るだろうか、この業界での経験と専門知識はどれくらいだろうか、という最終チェックは私のような、その業界の営業経験者にしか出来ません。

 

もちろん製造部門のマネージャーも営業経験がないため、私以上の正確な判断は出来ません。

 

外国企業ではセクショナリズムな仕事の仕方、つまり自分の業務範囲を限定し、それ以上の仕事、または他の部署や人員が担当する仕事に関与しないのが一般的ですが、日本企業は逆です。

 

もともと会社のメリットとなるならば担当外であろうが積極的に業務に参加する、仕事をする事を良しとしている体質ですから、人員が不足する海外拠点では、あらゆる業務を行う覚悟が必要です。

 

中高年の人材は、その社会人経験の長さから、さまざまな事柄を経験している、

 

日本企業の海外拠点に派遣され、海外で働く事を考える際は、自分の仕事範囲を設定せず、どんな業務も中高年にふさわしく行う覚悟があるかどうか自己チェックをしてみて下さい。

 

前のページ 次のページ

人員に限りがある海外拠点では中高年は肩書き以上の役割が求められる 関連ページ

中高年にふさわしい経験に基づくコミュニケーション能力を有するか
グローバルに事業を展開する企業は待遇が良く就職先として人気があり若年層でも内定がもらえない人も少なくありません。中高年らしく積み上げた社会人経験を活かしコミュニケーション能力を上げておきましょう。
国や地域独自の文化や風習に順応できるフレキシブルな中高年か
グローバル企業に転職し海外で活躍したいと考える中高年は、自分の順応力を確認する必要があります。国や地域に依って異なる仕事に対する姿勢や、家族、お金などに対する考え方を尊重し順応する事が求められます。
中高年でも転職で新人スタートとなり定年まで海外赴任の覚悟があるか
転職は新環境で再スタートするという事でもあり、同業でも企業でやり方は異なるので中高年でもゼロからスタートする覚悟が必要で、グローバル企業の場合は海外という環境に対して変化を楽しむという余裕が必要です。
英語と現地語が出来る中高年はグローバル企業への転職で非常に有利
私は海外で働きたいと考える中高年の方に、グローバル企業で働く身として仕事の楽しさや報酬などの待遇から転職や再就職をお勧めしますが、最も有利な条件は英語と現地語を身に付けていることです。
有益な中国語やベトナム語を習得し中高年のグローバル企業転職を有利に
中国とベトナムは日本にとって欠かすことの出来ない国です。日本企業の中国とベトナム進出、ビジネスの機会の多さから中国語、またベトナム語が出来ることは中高年のグローバル企業への転職に有利となります。
海外ビジネス経験を持つ中高年は経験数に関係なく採用で有利になる
グローバル企業が転職希望者に求める要素はキャリア、語学力、海外ビジネス経験値などですが、どの要素が採用の決定要素となるかは求人で違います。1回だけの海外ビジネス経験でも最優先される要素の場合もあります。
中高年の海外ビジネスでは回答の柔軟さと契約に対する厳しさが重要
外国人との海外ビジネスでは自分の意思表示を明確にする事が大切とよく言われますが、中高年の場合は即座に回答をせずに柔軟に対応する、逆に契約内容は厳格にチェックし履行するという取り組み方が大切になります。
中高年がグローバル企業で評価される信頼性と良好な人間関係を築く能力
企業の海外事業担当部署に配属され中高年として評価を得るために必要な、どんな業務でも任せられ適時適切に支援を求める能力、どんな顧客とも良好な人間関係が築ける事、出張者に対するアテンドに関して説明します。
海外拠点の人材詳細と中高年人材としての転職後の自己の裁量権の確認
海外拠点に何人の英語堪能者が派遣され、どれほどの期間を過ごしているか、また中高年の自分が転職後の与えられる裁量権を、転職活動を検討する際に転職エージェントに情報を提供するように依頼する事をお勧めします。
海外で働く転職組中高年の福利厚生と赴任先や帰国後の希望反映を確認
海外に派遣された転職中高年に日本国内と同様の福利厚生が適応されるか、バックアップが充実しているか、さらに赴任先は本人の希望を尊重するか帰国後の配属も考慮してくれるか、会社側に確認する事をお勧めします。
中高年の失敗のない転職のため海外事業の歴史や業務成績情報を入手する
私が30代から40代の中高年の年齢で転職した3社目、4社目はいずれも海外進出に失敗しています。グローバル展開をする企業への転職や再就職を検討する際は候補の会社の海外事業の詳細な内容を調べる事をお勧めします。
日本側との連絡にも中高年らしい気配りをし業績は数値で把握しておく
海外駐在員で海外拠点のみでなく日本側の関連部署とも共に業務を進める仕事である場合、日本関係者とも中高年らしいコミュニケーションを意識するべきです。また自分の業績を常に正確に数値で把握する事も大切です。
中高年らしく対応すべき海外で日本人が集まる場と日本の歴史文化の理解
海外に滞在する日本人にとって日本食レストランは貴重な場ですが顧客もライバル会社の人も集まるので注意が必要です。中高年らしく日本の歴史・文化・伝統を理解しておく、日本人コミュニティーに参加するのもお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead