定年前から再就職の準備と活動を開始し人脈をチェック

定年退職後の再就職活動も「先んずれば人を制す」

定年退職するまで働き続けたのだから、退職後はしばらくのんびりと休暇を取って、それから再就職先、または派遣などの求人を探す…

 

そう考える中高年の方も少なくないようでし、何十年も仕事を続けてきた自分に休暇を与えることは悪いことではありませんし、その気持ちも理解できますが、必ず再就職をする、出来れば早く、しかも少しでも好待遇で条件で仕事に就きたいのであれば、定年退職前から準備をすることをお勧めします。

 

 

約25%の中高年が人脈で再就職

定年後の再就職も先んずれば人を制す

定年後の再就職も
先んずれば人を制す

とあるデーターによると、定年退職後に再就職をした中高年の約25%が人脈を頼った紹介によるものとされています。

 

リストラなどの解雇と違い、定年退職のタイミングは事前に分かりますし、定年後も再雇用となるかどうかも分かります。

 

定年で会社から離れてしまう前に、現職の仕事で取引のある会社、付き合いのある会社の人脈を活用し、自分に再就職をする意志を伝えておくことは、非常に有効な手段です。

 

当サイト管理人の知人友人でも、定年退職前に取引先への再就職が決まった人が幾人かいます。

 

語弊を恐れずに書きますが、いわゆる「天下り」と言えるケースもありますし、非常に優秀な人材で純粋にスキルの価値を認められて再就職となったケースもあります。

 

定年前から再就職活動を開始し無職の期間を短くする

人脈を活かした再就職がのぞめない中高年であっても、退職する前から民間の転職支援サービスなどに登録をして再就職活動をするべきです。

 

転職支援サービスを利用された方であればご存知ですが、登録の際の必要記入事項に「いつから就業が可能ですか?」という項目があります。

 

そこに定年退職予定のタイミングを記入しておけば、その日以降は就業が可能と見做されてタイミングラグが発生しません。

 

中高年に限ったことではありませんが、求人に応募する際には履歴書と職務経歴書を提出しますが、無職の期間、つまり何の仕事にも就いていない期間は短い方が有利です。

 

仕事をしていない期間、無職である期間は短いほど採用を検討する会社としては好ましいのです。

 

早く再就職したいなら早めの準備を

無論、定年退職前から転職支援サービスに登録し求人を探す、スカウトやオファーを受けても、必ず再就職が出来るとは限りません。

 

しかし、退職後から再就職活動を開始するよりは有利になることも間違いはありません。

 

まさしく「先んずれば人を制す」です。

 

長く働き続けたのだから少し休憩をして、それから再就職活動をするという考えやスタンスを否定はしません、人生というものに対する考え方で決めて頂ければ良いと思います。

 

但し、1日でも早く再就職を決めて定年退職後も仕事に就いて収入を確保したいと考えるのであれば、退職をする前から準備をして活動をすることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク