定年退職後は派遣で働く方が再就職できる可能性が高い

定年退職後は派遣で働く方が再就職できる可能性が高い

年金の受給年齢が65歳からとなり、さらなる年金支給開始年齢の引き上げが検討される中、定年退職後も引き続き働きたい、仕事に就いて収入を確保したいと考える中高年の方が増えています。

 

60歳で定年を迎え、そのまま同じ会社に再雇用されるケースでは、給料や年収が大幅に減額となっても引き続き慣れた環境で仕事が出来るという事、60歳で退職をしても再就職が難しいという事で、再雇用を選ぶ中高年者が多くなっています。

 

大多数は再雇用も65歳までで、殆どの方は65歳で定年退職となるのが現実です。

 

65歳という年齢で再就職する可能性と現状に関してお伝えします。

 

 

再就職活動に派遣会社を加える

容易ではない定年退職後の再就職

容易ではない定年
退職後の再就職

定年退職後の再就職活動も基本的には、「今すぐ転職・再就職したい中高年へ」でお伝えしている活動と同じです。

 

つまり、

  • 持っている人脈を頼り活用する
  • 転職支援サイト・エージェント・ハローワークに登録
  • 上記支援サービスで求人を探し応募する

という活動となりますが、定年退職後の中高年には上記に「派遣会社に登録し仕事の紹介を受ける」を加えるべきです。

 

ただ覚えておくべき事は、どのような活動をしても、65歳の定年退職後の再就職への道は派遣社員も含めて、かなり険しいという現実です。

 

正社員として再就職する可能性

結論を言いますと、65歳以上の中高年が定年退職後に正社員として再就職する事は非常に困難である、というのが現実です。

  • ある特定の分野の第一人者でエキスパートである
  •  

  • 付加価値と希少価値のある資格やスキルを持っている

という限られた能力を持つ人材でない限り、正社員として再就職をする事は不可能に近いのが現実です。

 

これはどなたもご理解いただけると思いますが、65歳以上の定年退職者に限らず、中高年を中途採用し雇用する企業は、それだけの人材価値があり会社にメリットを与えてくれる即戦力であるか否かのみが判断基準となります。

 

もしも間違いなく会社に貢献できる人材であれば、会社にメリットをもたらす能力とスキルを持っていれば、65歳以上であっても正社員としての再就職は可能でしょう。

 

しかし、それ以外では65歳という高齢な中高年を敢えて雇用する企業は皆無と考えて下さい。

 

派遣社員として仕事紹介を受け再就職する

既にお伝えしたように、派遣社員であったとしても、65歳以上の定年退職者の就労は容易な道ではありません。

 

しかし、正社員としての再就職の可能性に比べれば、仕事に就ける可能性は高くなります

 

ちなみに派遣社員という雇用形態であっても、正社員と同様に健康保険と厚生年金保険の「社会保険」に加入ができます。(加入条件は各派遣会社の規定に依ります)

 

定年退職後も働きたい、収入を得たいという中高年の方は、派遣社員として再就職をする事を優先して検討する事をお勧めします。

 

但し、繰り返しお伝えしますが、派遣会社に登録しても必ず再就職先の紹介が受けられるとは限らず、65歳という年齢が大きなハンディーキャップとなる事は間違いありません。

 

定年退職者が派遣社員として仕事紹介を受けるためのアドバイス、注意をしたい事を、知り合いの派遣会社の担当者の方からの情報を交えながら次ページでお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク