中高年の転職・再就職に必須の正確な情報入手をセカンドオピニオンで

転職・再就職先候補の正確な会社情報には複数のプロの支援が必要

セカンドオピニオンという有名な言葉がありますが、これは転職支援サービスでも同じ事が言えます。

 

情報というモノは一箇所から一方的に入手すべきではなく、常に多角的に多方面から得るべきモノです。

 

それぞれの立場からの情報を多く収集する事で、情報の正確度、信憑性、真実性が向上し、失敗のない転職や再就職の成功に繋がります。

 

 

情報とは他の情報との整合性をチェックし正確度を上げるモノ

複数の転職のプロから情報を多角的に入手

複数の転職のプロから
情報を多角的に入手

当サイト管理人の私は10回の転職と再就職を経験していますが、転職先や再就職先の最終選択で失敗も繰り返しています。

 

失敗の原因は、転職、再就職を決める前までの情報収集不足です。

 

給与や休日、また手当などの待遇、自分の行う仕事内容などの確認は当然ですが、候補とした会社の

  • 経営状態
  • 会社運営方針
  • 幹部役員の構成
  • 会社幹部の人柄
  • 職場の雰囲気や特徴
  • 入社後の自分の配属先
  • 直属の上司や命令系統

それらの情報を徹底的に詳細に入手する、客観的で正確な情報として精査するには、1社の転職支援サービス、エージェント、またはヘッドハンターからの情報では不足です。

 

情報とは、それを入手した者が、他の情報と照らし合わせて整合性を調べ、ブラッシュアップして、正確さを上げるモノです。

 

その為には、セカンドオピニオン、さらにはサードオピニオンが必須です。

 

複数の転職のプロを活用し情報の正確度を上げる

民間の転職支援サービスは、求人を出す企業と転職者の両方に満足度の高い転職・再就職支援サービスを展開しますが、彼等の最終的なビジネス目標は転職・再就職の成功です。

 

その為、恣意的である、ないに関わらず、求人する企業に関して見えていない事も知らされていない事も無いとは限りません。

 

しかし一人のエージェントが持っていない情報でも、他のエージェントやヘッドハンターが情報を持っている可能性はあり、互いの情報不足がカバーされる場合があります。

 

例えば会社内のキーマンである役員の人柄に関しても、あるエージェントの評価と、違うエージェントの評価では全く異なる場合もあります。

 

私自身、実際に転職をし新しい職場で勤務をスタートし、全く知らされていなかった現状を知った際、複数の転職支援サービスから複数の情報を入手しなかった事を大いに後悔した苦い経験があります。

 

中高年での転職、再就職では失敗は許されません。

 

間違いの無い転職、再就職のため、正確な情報を以って最終判断をするため、セカンドオピニオン、サードオピニオンを入手するため、出来るだけ多くの転職のプロからの情報提供を受けるようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク