英語などの外国語能力を持つ中高年人材はハイクラス求人で非常に有利

英語等の外国語能力を持つ中高年は学歴よりも遥かに高く評価される

中高年がハイクラス求人に応募し転職する、また再就職するには、自分が持つキャリアやスキルが客観的に高く評価される事が必要です。

 

有名校を卒業しているという学歴も転職や再就職では人材評価の対象となりますが、こちらの「高卒や学歴は中高年の転職や再就職では殆ど影響はない」にも書きましたが、若年層と比べ中高年の場合、学歴に関する評価は人材評価に於いて非常にウェイトが低く、それよりも職務経歴とコアスキルに対する査定評価の方に重きが置かれ、特にコアスキルの1つである英語等の外国語能力は高く評価されます。

 

実際の仕事では、学歴などは何ら使う場面もなく有効なツールになりませんが、英語などの外国語能力は有益なツールとしてフル活用が出来ます。

 

 

ハイクラス求人での英語スキルは抜群に有利に

人材評価で学歴を遥かに上回る外国語能力

人材評価で学歴を遥かに
上回る外国語能力

人材評価の対照となるコアスキルの中で、転職・再就職を有利にするスキルは外国語スキルであると私は自分の社会人経験から断言します。

 

中高年の場合、一流有名大学を卒業している学歴があっても英語が話せない人材より、高卒であっても英語が出来る人材の方が間違いなく有利な転職・再就職が出来る、ハイクラス求人オファーを受ける可能性が高くなります。

 

英語が話せない高学歴な中高年より、英語堪能な中高年の方が遥かに企業にとって欲しい人材で、即戦力となると判断されます。

 

中高年で英語が全くダメという人は少なくありません。と言いますか、多くの中高年は英語に対してアレルギーを持っています。

 

しかし英語ほど、実務ビジネスに於いて有益で必要性の高いツールはありません。

 

たとえ若い人に比べてパソコンを自由自在に使いこなせなくとも、英語が話せる、英語堪能というスキルで人材の価値は飛躍的に高くなります。

 

当然ならが、海外ビジネスを手掛けるグローバル企業や外資系企業への転職・再就職を専門に行う支援サービスからもハイクラス求人のオファーを受けやすくなるので、求人の選択肢が飛躍的に多くなります。

 

ちなみに「グローバル企業や外資系企業」と聞いて、即座に海外勤務を連想する、外国に赴任し現地で仕事をするという事を考える方も少なくないようですが、グローバル企業でも外資系企業でも、日本国内勤務の求人も少なくありません。

 

中学2年生レベルの英語で外国語スキルと言える

こちらの「中高年の長期的な転職準備で最もお勧めの英語学習」でもお伝えしていますが、日本人が外国人相手にビジネスで使う英語であれば中学卒業レベルでも全く問題なくOKです。また学習する期間も3か月あれば、かなりの英語が身に付きます。

 

私自身は英語という教科が学生時代から好きでしたので、転職の際に本気で1か月再学習し、基本的な英会話をマスターしました。

 

基本を身に付ければ、その後は実践で仕事をしながらドンドンと英単語ボキャブラリーが増え、さらに仕事で必要な英文メール作成などで高度な英文法も身に付いていきます。

 

要は「やる気」だけです。この記事を読んでいる中高年の方でも、大多数の方が「英語が話せたらいいなぁ…」と考えている筈です。そのメリットは十分に理解している筈です。

 

実際に私自身、英語、英会話のスキルを磨く事に成功し、英語が出来るというコアスキルで50代まで転職・再就職に成功、ヘッドハンティングもされ、更には60歳で会社に復帰して欲しいと要請を受けました。

 

高待遇なハイクラス求人を狙い、さらに条件の良い求人を望むならば、基本的な英語能力を身に付ける、もしも英語が全くダメというならば、今から中学2年生レベルの英語学習をスタートする事をお勧めします

 

必ず役に立ちます。

 

ハイクラス求人・転職支援サービス

キャリアカーバー

 

リクルートエージェント エグゼクティブ

 

ビズリーチ

 

ビズリーチ・年収2000万円以上・求人特集

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク