40・50代向けハイクラス求人の限定要求要素にストレートに応える

40~50代の中高年ハイクラス求人が求める能力と実績は限定される

前ページでは、中高年でハイクラス求人に応募し転職や再就職の成功を狙う場合、支援をする転職のプロの能力レベルが、そして如何に転職希望者のキャリアを正確に理解しているかが重要とお伝えしましたが、その為には転職希望者が自分を正確に客観的に戦略的に、そして余す事なく自分自身をアピールする事が必要不可欠です。

 

「この転職支援担当者は、私の事を良く理解していない…」という状況の原因が、貴方自身のPR不足である場合もあるのです。

 

 

限定される人材に求める指定される要素

限定されるハイクラス求人が求める要素

限定されるハイクラス
求人が求める要素

中高年向きのハイクラス求人では、業種が限定され、更に人材に求める能力やスキルがかなり限定されて指定されています。

 

当サイト管理人の私が40代と50代でのハイクラス求人で、より高額な年俸の求人オファーに応募し、結果として40代でも50代でも転職に成功していますが、自分の社会人としてのセールスポイントを徹底的に洗い出し精査し、最期に転職エージェントやヘッドハンターの方達と綿密な打ち合わせをして、日本語の職務経歴書と英文レジュメを完成させました。

 

転職支援のプロの方から受けたアドバイスで、何度も日本語と英語の自己PR資料を推敲し、アピール度の高い資料としました。

 

それらの自己PR資料は、ハイクラス求人を出している企業が人材に求める要素に対してストレートに応える資料でした。

 

例えは適切ではないかも知れませんが、排気量が1000ccから2000ccの大衆乗用車を毎月10台販売する営業マンに求められる人材能力と、3000cc以上クラスの高級自動車を1年間で100台販売する営業マンに求められる人材能力は違います。

 

40代や50代の中高年向けハイクラス求人では、ある業種、ジャンルでの特定のキャリアを持つ人材を欲する求人が大多数です。

 

広く浅くというキャリアではなく、ある分野に特化した「狭く深いキャリア」を求める求人が殆どです。

 

今後の様々な広い分野での活躍を期待する若年層に対する求人ではなく、限定された実績と能力を求める求人が中高年ハイクラス求人の特徴となっています。

 

それにストレートに、またピンポイントで応える自己PRが戦略的に有効となります。

 

ハイクラス求人が40代・50代に求める限定された能力と実績

そのような特定された人材、特化した能力を限定しているハイクラス求人に、「何でも出来ます・やります」と応えるのはナンセンスで戦略的でも適切でもありません。

 

「この業界での、この分野でのエキスパートが欲しい」というハイクラス求人には、その分野での専門化である事や実績を積んでいる事を強力にアピールする、「このジャンルの製品の販売実績を持つ人材が欲しい」という求人には、自身の実績を数値でアピールするなど、求める要素にストレートに応える自己アピールが必要です。

 

ストレートな自己アピールは面接でも重要で、40代、50代向けハイクラス求人に対する転職、再就職活動では、オールマイティーであるよりも要求要素に対して特化したアクティビティーが必要であり有効であり、成功の鍵となります。

 

履歴書、職務経歴書、面接での質疑応答、必要な場合の英文レジュメ、それらが全てハイクラス求人の指定されたリクエストに対してストレートに応えているかどうか、転職エージェントやヘッドハンターの方々のプロと一緒にブラッシュアップする必要があり、ハイクラスを専門に扱う転職支援のプロの協力を仰ぐ事をお勧めします。

 

ハイクラス求人が40代・50代に求める限定された能力と実績

中高年向けハイクラス求人を専門に取り扱う転職支援のプロは、貴方に対して、貴方をより完全に理解するために、転職を成功させるために、必ずオファーした求人が求めるピンポイントの要素に関して、貴方のキャリアや関連する子アスコルについて質問をしてきます。

 

貴方は、その質問や確認に対して細大漏らさず回答をし、必要に応じて詳細な説明をする必要があります。

 

転職支援サービス会社のオフィースに於いて、面談の場での口頭の質疑応答の場も設けられますが、いずれにしても引き続き最適なハイクラス求人のオファーを受けるためにも、転職支援をする担当者に対してPR不足、理解不足とならないように、事前に書面で自己のキャリアの棚卸をしておくようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク