中高年向けハイクラス専門の転職担当者から特定求人の紹介を受ける

転職支援を選ぶのではなくマッチするハイクラス求人転職担当者を探す

勤めている会社の規模で違いますが、中高年で部長というポジションであれば、先ずハイクラス求人のオファーやエグゼクティブクラスのスカウトが受けられると考えて良いでしょう。

 

課長クラスでも、会社規模、キャリア内容、業種に依っては、充分にハイクラス求人の個別紹介がある可能性があります。

 

更に持っている資格やスキルも、大きく人材評価のプラスになります。

 

いずれの場合も、転職エージェントやヘッドハンターの判断となりますので、先ずは転職支援サービスに登録をしてプロの判断を仰ぐべきです。

 

 

ハイクラス求人という転職支援サイトの独立ジャンル

自分に合うハイクラス求人担当を見つける

自分に合うハイクラス
求人担当を見つける

様々な転職支援サービスや転職エージェントサービスがあり利用出来ますが、ハイクラス求人、エグゼクティブ向けの求人は、各支援サービス会社内に専門チームを設けています。

 

ハイクラス求人専門チームには、中高年の転職者と同様に、転職支援の仕事でキャリアを積んだベテランが在籍し、彼らはハイクラス求人のみを扱っています。

 

ベテランの担当者は、各自それぞれの顧客(転職先の企業)を担当し、その会社から出るハイクラスな人材募集を扱いますが、こちらの「積極的に求人応募し転職支援サイト担当とコンタクトし特定求人を受ける」でもお伝えしているように、担当者ベースで企業から人材紹介の依頼を受け、そのリクエストにマッチする人材を転職希望で登録した人から探し出し、マッチングを精査し求人に応募するように転職希望者にオファーをしてきます。

 

そのハイクラス求人は、担当者個人が管理する求人案件であり、当然ながら非公開求人の、更に親展性の高い特定求人となります。

 

転職支援サービス、その中のハイクラス求人ジャンルに登録する事で、はじめてオファーを受ける権利が与えられます。

 

ハイクラス求人の年収と代表的職種

転職支援サービス会社に依ってハイクラス、エグゼクティブクラスの設定に多少の違いはありますが、前ページでもお伝えしたように「年収600万円以上」がこのクラスの設定のようです。

 

現在、及び前職での年収が600万円以上であれば登録可能で、オファーされる求人は800万円から1,000万円の求人が多く、上のクラスでは1,000万円を超える求人もあります。

 

また職種、業務では以下がハイクラス求人の代表的なものとなっています。

 

管理・専門職 / マネジャー・管理職 / 事業企画・経営企画・海外事業企画 / マーケティング・企画・宣伝 / 人事・総務・法務・広報・IR・内部監査 / 経理・財務・会計 / コンサルタント・IPO・M&A

 

ハイクラス求人の転職では、「優秀な転職支援サービス担当者が中高年のアドバンテージとなる」でもお伝えしているように、求人をオファーしてくるハイクラス専門の転職エージェントやヘッドハンターとの相互理解、相互信頼、相互協力が最も重要なポイントとなります。

 

年俸アップの転職に成功するには、どこの転職支援サービスを選ぶかではなく、様々な転職支援サービス会社の担当者の中から、最も自分に合った優秀な担当者と出会えるかどうかに関わってきます。

 

優秀な担当者は、高待遇、好条件な求人だけでなく、マッチングの高い求人をオファーし、転職者も企業側も満足出来る転職支援を行ってくれます。

 

転職支援会社ではなく、転職のプロの担当者の能力で満足度の高い転職が可能となるため、転職支援会社も1社のみではなく、複数のサービスのハイクラス求人、エグゼクティブクラスのジャンルに登録をするべきです。

 

将来のハイクラス求人応募でキャリアアップする計画を立てる

ハイクラス求人を扱うサービスに登録する事は、現在は転職を考えていないが、将来に渡り長期的に転職を検討する、並びに定年後の再就職を計画する中高年の方にもお勧めです。

 

特に、自分の持つ経歴や資格やスキルに高い人材価値があると自信のある中高年の方は、今すぐの転職ではなくとも、将来のキャリアアッププランを考えて有利な転職計画を立てるために、ハイクラス求人を専門に扱うプロに相談し指導を受ける事が出来ます。

 

特定の業種の中で、どんなキャリアやコアスキルがハイクラス求人で求められるのか、それを知る事が出来れば、そのキャリアを今から積んでおくという目標が立てられます。

 

活用する事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク