採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から

相手の立場になり社会人としての自身を客観的に見直す

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から

良く「相手の立場になって考える」と言いますが、その考え方や姿勢を面接にも応用するべきです。求人が中高年の人材に求めている要素を正確に把握し、その要求に100%応えることが出来る、いや120%の貢献が出来ることをアピールし、経験を積んでいる中高年として完成された社会人であることを認識させることが大切です。

 

このような対応や受け答えはマイナス評価になる、こういった態度や姿勢は低く評価されると、相手の立場になって自分自身を客観的に見直しましょう。転職や再就職を支援するプロに依頼し第三者のスタンスでチェックしてもらい問題点があれば指摘をしてもらうことは非常にお勧めで面接前のシュミレーションとして実施するべきです。

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から 記事一覧

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク