知ったかぶりの小さな嘘でも人間性が疑われる中高年

面接で知らない事を質問されたら中高年でも正直に知らないと回答を

中高年であれば、それまでの社会人経験で多くの知識や情報を持っており、それが求人応募で評価され採用される事もあります。

 

しかし、知らない事を知ったかぶりをする、誤魔化すのは非常に危険です。

 

 

私が以前勤務していた会社を語りだした50代の男性

人間性が疑われる中高年と見做される

人間性が疑われる
中高年と見做される

私が50代の中高年男性の面接をした際に経験した事をお伝えします。

 

ある会社役員と共に面接官をしたのですが、その役員が面接で質問をしました。

 

「我社のライバル会社の1つにA社がありますが、A社の事はご存じですか?」

 

実は、そのA社とは、私が以前、勤務していた会社です。

 

現在でもその会社に勤務する人と個人的な付き合いがあるので、当然ながら私は、A社に関しての過去の実績も最新の詳細な内容、事情、状況に関する知識と情報を持っています。

 

面接を受けに来た50代の男性は、「はい、良く知っています。」と答え、A社について語りだしました。

 

その話を聞いて私は少し、呆れました。

 

A社の会社案内やホームページに書いてる事を、そのまま語るからです。

 

「この人は知ったかぶりをしてる…」

 

完全にアウト

面接を終え、会社役員との打ち合わせで、私はその転職希望者の50代男性が、A社に関して詳しい事は何も知らない、面接の回答で嘘をついている事を伝えました。

 

役員は一言、「じゃあ不合格」

 

完全にアウト、一発で不採用決定でした。

 

その50代男性も、転職希望先の会社の事を事前に調べ、そのライバル会社がA社である事を知り、ネットでA社を調べて面接に臨んだのでしょう、そこまで努力はしたのでしょう。

 

しかし、まさかA社出身の私が面接をしているとは分からなかったのでしょう。

 

気の毒ですが、嘘をつくような人は何をしても成功しないのは自明の理です。

 

知らない事は知らないと答える

その50代男性は、技術面で必要な知識を持っておらず、結局不採用でしたが、面接で質問を受けた際、知らない事は知らないと言うべきです。

 

中高年なので知らないと回答をすればマイナス評価されるのでは… そう考える方もみえると思いますが、知ったかぶりをすれば基本的な人間性が疑われます

 

本人は、ほんの小さな嘘をついただけ、もしくは威勢を張りたかっただけかも知れませんが、小さくても嘘を付くような人材には、今後会社の重要な機密事項が伝えられる筈がありません。

 

活躍が期待される業務を任せるわけにはいきません。

 

私がA社出身でなければ、この知ったかぶりは分からなかったかも知れません。

 

しかし一度でも嘘をつけば、それをカバーするために更なる知ったかぶりをする必要に迫られる事もあります。

 

面接では、決して嘘をつかず真正面から臨むようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク