個人の業績アピールに始終し広いマクロな視野がない中高年

自分のアピールだけでなく中高年らしいマクロな立場でのアピールを

昔から日本のビジネス界では、転職がスムーズに出来る年齢のボーダーラインが35歳とされています。

 

一般的に「35歳転職限界説」と言われているようですが、この説に関して私個人としては否定も肯定もしません。

 

何故なら、ある35歳を超えた中高年にとっては事実であろうし、同時に他の人にとっては事実では無いからです。

 

また求人そのものも、その時の社会全体の経済状況でも変わってきます。

 

しかし35歳を超えた40代、50代が年齢、若さという面でハンディーキャップを持たされる事は、どんな中高年の人にでも多少はある事でしょう。

 

 

40代・50代でも欲しい人材とは

中高年らしいマクロな視野で

中高年らしい
マクロな視野で

しかし40代でも50代でも転職や再就職に成功する、収入や待遇がレベルアップする方も多く居るのも事実です。

 

理由は簡単です。

 

入社後の活躍を期待されているから、その中高年の人の入社が会社にプラスになると判断されたからです。

 

では、どうやってその中高年に能力があると判断されたのか… これが求人応募の際に提出する職務経歴書、そしてその後の面接での最も重要なポイントとなります。

 

会社全体を俯瞰するマクロな視野で

職務経歴書で、自分の業績やコアスキルを存分にアピールする重要性は、こちらの「多くの中高年求職者に埋もれないよう職務経歴書で細大漏らさずPRを」でもお伝えしていますが、私が私と同じ年代の中高年の方の応募書類をチェックしたり、面接をしたりして感じた事、それは「自分の業績のみのアピールに始終している人」が多いという事実です。

 

例えば、あるプロジェクトをマネージメントした経験をアピールする際も、会社の収益に大きく貢献したとアピールするのは大切な事ですが、そのプロジェクトの成功が

  • 会社全体の将来の面でどれほど寄与をしたのか
  • 長期的なビジョンでのメリット
  • さらに今後の展開なども自分の考え

などを応募書類に書く、また面接でアピールするべきです。

 

35歳未満であれば、自分個人の成績のアピールでも良いでしょう。

 

しかし40代、50代でキャリアを積んでいる中高年ならば、常に会社全体に対する視野、ものの考え方が求められます。

 

組織の一員としての役目

私自身の経験ですが、面接で自分の業績ばかりをアピールする40代、50代中高年の転職・再就職希望者に「幼さ」を感じました。

 

もっと言えば、「これだけ自分ばかりアピールする人は組織の一員で上手くやって行けるだろうか?」とも感じました。

 

外資系企業であれば特に重要視されない協調性、これも自分の業績だけのアピール、会社全体を視野に入れたアピールでなければ、もしろマイナスに働く可能性があります。

 

本人は自分の能力の高さをアピールしているつもりでしょうが、反対に「自分は協調性と大きな視野を持つ点に於いて欠陥がある」と訴えているようなものです。

 

40代、50代での自己PRに関しては、会社全体を含むマクロな立場で、アピールする事が肝要と考えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク