中高年の転職・再就職 - 面接官経験から言える採用されない中高年の特徴

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から

私は40代、50代のそれぞれで、同年代の中高年の方の中途採用の求人応募で、書類審査、面接官をした経験があります。私の採用側の立場経験から、こういう中高年は採用されない可能性が高い、という具体例をお伝えします。

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から記事一覧

個人の業績アピールに始終し広いマクロな視野がない中高年


マクロな視野がない

中高年の転職・再就職では、求人応募の職務経歴書でも面接でも今までの自分の実績をアピールする事は非常に重要な事ですが、自分の業績のみのアピールに始終するのではなく、会社全体を含めたマクロな立場でのアピールをするべきです。

≫続きを読む

 

期待される役目と出来る事との区別認識が出来ない中高年


区別認識が出来ない

中高年であれば、それなりのキャリアを積みスキルも持っている筈ですが、能力やスキルは応募書類で判断できますが、面接で確認したいのは、出来る事ではなくて、中高年の人材に期待される役目や能力を正確に把握しているかどうかです。

≫続きを読む

 

身だしなみが悪く清潔感もなく自己管理が出来ない中高年


自己管理が出来ない

面接に正しい常識的な服装、清潔感のある身だしなみで臨む必要性は、多くの方がご存じとは思いますが、特に中高年の場合は自己管理が出来ないと思われないためにも、若い方以上に身だしなみには注意をする必要があります。

≫続きを読む

 

知ったかぶりの小さな嘘でも人間性が疑われる中高年


人間性が疑われる

40代、50代ともなると知識が無い事を恥と考え、知らない事でも知ったかぶりをするの中高年も居ます。しかし、いくら小さな嘘でも知ったかぶりは人間性が疑われます。面接で知らない事を質問されたら、正直に知らないと回答しましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead