採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から

相手の立場になり社会人としての自身を客観的に見直す

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から

良く「相手の立場になって考える」と言いますが、その考え方や姿勢を面接にも応用するべきです。求人が中高年の人材に求めている要素を正確に把握し、その要求に100%応えることが出来る、いや120%の貢献が出来ることをアピールし、経験を積んでいる中高年として完成された社会人であることを認識させることが大切です。

 

このような対応や受け答えはマイナス評価になる、こういった態度や姿勢は低く評価されると、相手の立場になって自分自身を客観的に見直しましょう。転職や再就職を支援するプロに依頼し第三者のスタンスでチェックしてもらい問題点があれば指摘をしてもらうことは非常にお勧めで面接前のシュミレーションとして実施するべきです。

採用されない中高年の特徴 / 面接官経験から 記事一覧

マクロな視野がない
個人の業績アピールに始終し広いマクロな視野がない中高年

昔から日本のビジネス界では、転職がスムーズに出来る年齢のボーダーラインが35歳とされています。一般的に「35歳転職限界説」と言われているようですが、この説に関して私個人としては否定も肯定もしません。何故なら、ある35歳を超えた中高年にとっては事実であろうし、同時に他の人にとっては事実では無いからです。また求人そのものも、その時の社会全体の経済状況でも変わってきます。しかし35歳を超えた40代、50...

続きを読む
区別認識が出来ない
期待される役目と出来る事との区別認識が出来ない中高年

私は40代の前半で、中途採用に応募して来た、やはり私と同じ40代の再就職希望者に対して面接官をして、「不採用」の判断をした経験があります。その中高年の男性と、また人材を求める会社の、両方にとってデメリットとなると判断したからです。ちなみに3人が面接官をしましたが、3人中2人が「不採用」の判定でした。すべき事と出来る事の違い会社側が確認したいすべき事の理解企業が中途採用で求人をするには、それなりの背...

続きを読む
自己管理が出来ない
身だしなみが悪く清潔感もなく自己管理が出来ない中高年

中高年で営業経験のある方であれば、身だしなみの大切さはお分かりになると思います。しかしエンジニアの方など技術畑で仕事をしてきた中高年の方の中には、身だしなみに無頓着な方が少なくありません。また管理部門の方でも、以前勤務していた会社や職場がカジュアルで自由な服装での勤務が認められてた場合など、面接に臨む際の好ましい服装に気が付かない人もいます。自己管理が出来ないと判断される可能性が中高年に求められる...

続きを読む
人間性が疑われる
知ったかぶりの小さな嘘でも人間性が疑われる中高年

中高年であれば、それまでの社会人経験で多くの知識や情報を持っており、それが求人応募で評価され採用される事もあります。しかし、知らない事を知ったかぶりをする、誤魔化すのは非常に危険です。私が以前勤務していた会社を語りだした50代の男性人間性が疑われる中高年と見做される私が50代の中高年男性の面接をした際に経験した事をお伝えします。ある会社役員と共に面接官をしたのですが、その役員が面接で質問をしました...

続きを読む
説明をする中高年男性
難解な言葉でコミュニケーション能力が低いと評価される中高年

前ページの「知ったかぶり」にも共通する事ですが、自分を賢い人間である、教養が豊かで知識豊富で、難しい事も良く知っているとアピールする中高年も面接で決して良い評価を得られない事を覚えておいて下さい。実務で有益な外国語能力は人材価値を上げますが、「高卒や学歴は中高年の転職や再就職では殆ど影響はない」でお伝えしたように、中高年の年齢層では学歴は最終的な求人採用決定で、さほど大きな判断材料となりませんが、...

続きを読む
ネクタイを締める中高年男性
染みついたサラリーマン根性から脱却出来ない中高年

中高年の年齢で管理職のポストに就いている人、また経営陣のメンバーとなっている、その経験を有している方もみえると思います。逆に肩書はマネージャーであっても実務はプレーヤーという中高年の方、会社の経営に参画した経験がない人もみえると思います。経営者側の立場に就いた事がある方であればお分かりになると思いますが、企業経営者と所謂サラリーマンでは仕事に対する考え方、仕事の評価の見方が全く違います。全ての求人...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク