外資系企業では自分の業績・成績アップを優先し仕事をする

外資系企業では会社より個人の成績アップを優先し業務に取り組む

中高年が外資系企業を転職・再就職先候補にする際の最初の注意点として、前ページではプレゼンテーション能力をお伝えしましたが、次に注意をして頂きたいのは、会社への貢献とは、という事です。

 

これも全ての外資系企業に該当するとは思いませんが、私の経験からお伝えします。

 

 

外資系は自分の業績アップだけを考えれば良い

外資系の個人を優先するスタンス

外資系の個人を
優先するスタンス

純粋な日本企業と外資系企業との違いは、日本の会社は会社オーナー=社長・経営トップが圧倒的多数に対し、外資系企業は会社オーナーと社長が必ずしも同じではないというところです。

 

もちろん会社オーナーも社長も会社の発展と成長を望みます、しかし雇われ社長の場合、会社の業績よりも自分自身の業績を優先して考える場合も少なくありません。

 

このような社長、ボードメンバーで構成される外資系企業の場合、会社を成長させる、会社の利益を優先するという考え方は稀です。

 

中高年ですと日本人的な発想で、個人の成績よりも会社の利益と発展の為に、と考える方もみえると思いますが、その姿勢はあまり評価されない場合がありますので注意が必要です。

 

外資系企業で働く場合は、先ず個人の成績を優先するという考え方を持つべきです。

 

もしくは会社全体の為にという事は優先せずに、自分自身と上司にとってメリットとなる事を優先するというスタンスで仕事をするべきです。

 

自分の業務のみに専念し人の仕事に関与しない

セクショナリズムという言葉がありますが、外資系企業の場合は、まさにこの言葉が当てはまります。

 

中高年の年齢で、外資系企業に中間管理職として転職・再就職したとしても、マネージメント能力が期待されるのは、そのセクションに於いてのみの場合が大多数です。

 

まさに「40代の転職 #2 プレーイング・マネージャーと管理職業務志向」に書いたように、プレーヤーとしての働きを優先するべきです。

 

日本企業のように、本来は自分の仕事ではないが他部署のメリットとなる、会社全体の利益となると考え、自らの判断で行った行為も、最悪の場合、自分の仕事以外の事にまで手を伸ばし、

  • 人の仕事を奪った
  • 余計な事をされて自分のオリジナルなビジネスプランが狂った
  • 人の昇進のチャンスを奪った

と受け止められ、最悪の場合、他部署のマネージャーから訴えられて、マイナス評価となってしまう場合があります。

 

あくまでも「全体」を優先するのではなく、「個」を優先する外資系企業ならではの事です。

 

外資系企業では良かれと思って、他の人の仕事にまで手を伸ばすのは禁物です。

 

会社成長を考えるべき人材は専用に雇用される

日本企業であれば中高年の人材であれば、たとえ管理職や経営陣に加わっていなくとも会社全体を考えて業務を行うのが当然です。

 

しかし外資系企業では、会社全体の成長を図る部署には、その役割を求められる専門の人材が雇用されます。

 

もちろん私は、会社の事を考えるな、と言っているのではありません。

 

会社の業績アップは2番目にし、先ずは自分自身の業績アップを考えるようにする、外資系企業で働く際に勘違いをしないように注意をして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク