外資系企業は転職回数をキャリアと見做し高評価する場合が

転職回数の多い中高年は外資系企業を選択肢に加えるべき

ご存じのように海外ではビジネスマンの転職、またヘッドハンティング、引き抜きは日本に比べて日常茶飯事で一般的となっています。

 

能力のある人材が転職によって自身のキャリアを積み人材価値を上げ、より高く評価をし、より有利な待遇で迎える会社に転職する、それが一般的となっています。

 

その人の転職回数の多さが、人材の高評価になるケースが多くなっています。

 

転職をしない人は、転職が出来ない人、つまり他の会社から引き抜きされない能力の低い人と評価されてしまう場合も少なくないようです。

 

 

転職をネガティブに捉える日本企業

転職を高評価する外資系企業

転職を高評価
する外資系企業

ビジネスマンが転職をする事自体をプラス評価する考え方は、当然ながら日本の外資系企業にもあります。

 

その是非はともかく、かつての日本では会社に対する忠誠心を尊いものとして受け止め、従業員の忠誠心に対し会社側は終身雇用と年功序列で応えてきた日本企業。

 

近年、この終身雇用も年功序列も排除され、成果主義を取り入れる日本企業が多くなっていますが、依然として経営者側の転職に対する考え方はネガティブなモノのままです。

 

つまり転職自体は否定しないが、何度も転職をする人材は高く評価しない、転職回数は少ないに越した事はない、という考えが根強いのが日本企業です。

 

転職回数を高評価する外資系企業

そんな日本企業に対して、転職の回数をむしろプラスに考える外資系企業は少なくありません。

 

企業や経営者のバックグランドに依りけりですが、「8社目① 50代 外資系転職サイト求人」と「10社目① 50代 外資ブラックへ転職」でお伝えしているように、私の2回の外資系への転職・再就職でも、転職回数が問われる事は一切ありませんでした。

 

むしろ数々の会社で学んだ事、得た経験、高く評価出来る事などを、是非とも反映して欲しいと望まれました。

 

つまり入社後、それまで経験した会社で学んだ事、得られた事を、転職先に反映して欲しいというリクエストを受けました。

 

転職回数の多さはキャリアの多さと見做される場合が多くなっています。

 

転職回数分だけ会社に貢献出来る事をアピール

無論、求人に応募する際は、職務経歴書で各辞職の理由、動機、背景などを前向きな内容で明記し、各社で学んだ事、身に付けた事を記載し、転職後に、どのようにそれらを活かし会社に貢献するかを強くアピールする事が必要です。

 

つまり、転職回数の多い分だけ転職後に会社に貢献が出来る事を数多くPRする事が肝要です。

 

中高年で転職回数が多い方で、転職回数が日本企業に対しての転職や再就職でハンディーキャップとなっていると自覚されている方は、是非とも外資系企業への転職・再就職を検討するべきです。

 

外資系企業の求人であれば、ハンディーキャップが逆のアドバンテージとなるからです。

 

英文レジュメの無料添削や英語面接対策、外国語レベルチェックなど、さまざまなサービスを提供している外資系転職支援の活用をお勧めします。

 

ロバート・ウォルターズ

 

JAC Recruitment

 

アージスジャパン

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク