外資系企業で英語が不要な一般職と英語が必要な営業職

外資系企業でも経理や総務の一般職は英語力は問われない

外資系企業の求人要綱をチェックすると、よく「経験者歓迎」と書かれています。

 

また求人は大きく、経理と総務全般の一般職と営業職とに分かれています。

 

 

経理や総務全般の一般職の求人

外資系企業の一般職と営業職の違い

外資系企業の一般職
と営業職の違い

私自身の外資系企業2社への転職・再就職経験から言えば、経理や総務の一般職で英語、または外国語が堪能な人材はゼロでした。

 

全員、全て日本語しか話さない人員でした。

 

まさに、こちらの「外資系企業の求人でも必ずしも英語が必須とは限らない」でもお伝えした状況で、いくら外資系企業とはいえ、働いている従業員が日本人ですから外国語が話せる必要などないわけです。

 

但し一般職でも求人要綱に「英語は必須では無いが出来るならばプラス」と書かれているように、プラス評価をされる事も事実です。

 

求人案件が多くない中高年の転職・再就職先に外資系も選択肢に」でお伝えしたように、中高年で経理や総務の一般職の経験者であれば、それまでの仕事での経験がそのまま活かせる日本企業の求人と同様に、外資系企業の求人に積極的に応募される事を選択肢に加えるべきでしょう。

 

営業職の求人

営業職であっても営業の対象、つまり顧客が日本企業、日本人であれば英語が堪能である必要は無いでしょう。

 

但し外資系企業の場合、上司や業務報告をする相手が外国人の場合があります。

 

その際のレポートは英語で行う場合が大多数です。

 

会社経営者、また上司に対する営業活動予定、目標達成の為の戦略をプレゼンテーションする際も英語が必要となります。

 

また私が経験したように、上司の外国人が日本でのビジネスの習慣や文化を理解していない場合など、その上司とのより深いコミュニケーションが必要となります。

 

社外で英語を使う必要は無いが、社内で英語力が必要となる場合が考えられます。

 

ですが、この英語の必要性もケースバイケース、外資が入って来たタイミングや会社自体の歴史など、外資系企業によって様々です。

 

やはり会社事情に詳しい転職エージェントからの情報提供で判断するべきです。

 

外資系企業の営業職は英語が必須と決めつけないで、良い求人を見つけたら、詳細にチェックする事をお勧めします。

 

マネージャークラス・管理職の求人

一般職、営業職、いずれの場合も、中高年が対象である場合はマネージャークラスを求めている求人である場合も多々あります。

 

外資系企業に限らずマネージャークラスの求人では、入社後、経営への参加が求められる場合があります。

 

海外にある本社への出張もあります。

 

その際の求人では、ビジネスレベル以上の英語力を持つ人材が有利となる事は間違いありません。

 

外資系企業への転職で歴史があり、企業の中枢である経理・財務・人事職種の管理部門でも多く転職成功実績を積んでいて、ジュニアクラスからミドル、 マネジメント経験のあるエグゼクティブまで幅広い層を対象とした以下の外資系やグローバル企業への転職支援に強いサービスの利用をお勧めします。

 

ロバート・ウォルターズ

 

JAC Recruitment

 

アージスジャパン

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク