中高年の転職・再就職 - 外資系企業の転職・再就職ポイント

外資系企業への転職・再就職のポイント

外資系企業と言っても、資本比率、経営方針、社風、求人の職種や内容、キャリアの評価は様々で、英語能力も不問・必須など色々です。中高年が外資系企業への転職・再就職を検討する際に考えておくべき事、注意すべき事をお伝えします。

完全な外資と合弁の外資系会社の両方を候補に加える

外資系企業への転職・再就職のポイント

外資系企業は人材の実績のみを評価する実力主義で、日本企業のような年功序列の考えはないとされますが、それは求人に応募する際にも当てはまります。基本的には、求人が求める能力を有していることのみが唯一の求められる要素で、例えば中高年ならば後輩の育成能力も有しているから、その能力もプラスアルファーで評価するとうことはありません。

 

しかし100%外資ではなく、日本企業の資本も入っている合弁の外資系企業の場合は、資本比率のように日本式の習慣や方式を取り入れている企業もあり、ケースバイケースです。完全な海外習慣の100%外資系と日本企業との合弁企業の、両方のタイプとも中高年であれば転職や再就職の候補に加えるべきで、活動を開始し、求人内容や企業内部の情報を収集し精査してから取捨選択すべきです。

外資系企業への転職・再就職のポイント記事一覧

典型的な外資系企業と日本企業の特徴を兼ね備えた外資系企業


2つのタイプの外資系企業

外資系企業には、外資100%と日本企業との合弁企業の2つのタイプがあります。外資100%の場合、成果主義等の外資系の典型的な特徴を持つ企業が多いのに対し、合弁の場合は日本企業の特徴をも兼ね備えた外資系企業の場合もあります。
 

続きを読む

 

外資系企業で英語が不要な一般職と英語が必要な営業職


外資系企業の一般職と営業職

外資系企業の求人の多くには「経験者歓迎」とされていますが、大きく経理や総務の一般職と営業職とに分かれています。一般職の求人では殆ど英語能力は問われません。営業職では社内の報告やコミュニケーションで英語力が求められます。
 

続きを読む

 

外資系企業は転職回数をキャリアと見做し高評価する場合が


外資系企とは転職回数

日本企業は転職回数の多さをマイナス評価としますが、外資系企業は転職回数をキャリアと見做し高評価される場合があります。転職回数の多さが転職・再就職でハンディーキャップとなる中高年は外資系企業を選択肢に加える事をお勧めします。
 

続きを読む

 

社内外でのプレゼンテーション能力が外資系企業勤務では重要


プレゼンテーション能力がで重要

中高年が外資系企業を転職・再就職先候補にする際、最初に注意をして頂きたいのが社内・社外両方でのプレゼンテーション能力です。特に外資系では日本企業と違い、「社内」へのプレゼンテーションが非常に重要となります。
 

続きを読む

 

外資系企業では自分の業績・成績アップを優先し仕事をする


自分の業績・成績アップを優先

外資系企業に転職・再就職する事を検討される中高年の方の中には、自分の業績アップよりも会社の成長を優先するという考えで仕事をする方もみえるますが、外資系では逆で、個人の成績アップを優先して業務に取り組む事をお勧めします。
 

続きを読む

 

求人の主旨に沿った自己PRと実績に基づく数値での目標表明


自信を示すビジネスマン

私が外資系企業への転職に成功した最も大きな要因は、求人の詳細な背景を事前に把握し、それに沿った応募書類での自己アピール、さらに面接での過去の実績に基づく数値を伴う目標設定と目標達成の宣言であると考えています。
 

続きを読む

 

転職先候補である外資系企業のライバル会社に勤務していた私


CAD図面の画像

私が外資系企業への転職に成功した要因として、私がその外資系企業のライバル会社に勤務していたという経歴を持ちていた事が挙げられます。ライバル会社の内部事情、製品の技術的知識を持つ私は製品性能アップ、拡販に情報を活用しました。
 

続きを読む

 

外資系専門転職エージェントJACの英文レジュメ添削サービス


英文レジュメ添削サービス

転職・再就職で海外赴任も視野に入れている方、海外で活躍したい方、外資系企業を候補に入れている方は、英文レジュメで魅力や強みを十分にアピールするべきです。外資系専門転職支援の英文レジュメ添削サービスの利用をお勧めします。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead