外資系企業への転職・再就職のポイント

完全な外資と合弁の外資系会社の両方を候補に加える

外資系企業への転職・再就職のポイント

外資系企業は人材の実績のみを評価する実力主義で、日本企業のような年功序列の考えはないとされますが、それは求人に応募する際にも当てはまります。基本的には、求人が求める能力を有していることのみが唯一の求められる要素で、例えば中高年ならば後輩の育成能力も有しているから、その能力もプラスアルファーで評価するとうことはありません。

 

しかし100%外資ではなく、日本企業の資本も入っている合弁の外資系企業の場合は、資本比率のように日本式の習慣や方式を取り入れている企業もあり、ケースバイケースです。完全な海外習慣の100%外資系と日本企業との合弁企業の、両方のタイプとも中高年であれば転職や再就職の候補に加えるべきで、活動を開始し、求人内容や企業内部の情報を収集し精査してから取捨選択すべきです。

外資系企業への転職・再就職のポイント 記事一覧

facebook はてなブックマーク